板金加工産業は古くからの産業であり、機械加工産業は古くから発展しており、板金加工は板金加工業界で。金素材の登場後、機械加工サービスの出現が遅いため、板金加工を迅速に発展させたい場合は、板金加工の現状を把握・分析する必要があります。

板金加工産業の漸進的な形成と発展は、製造業の発展を大いに加速させました。板金の加工と流通のモデルは、単純な調達と輸送の従来のロジスティクスを打ち破り、加工と流通の概念を導入します。このような概念とアイデアは、視野を広げ、従来の機械製造と技術の統合を加速します。現在、外国の処理および流通モデルの開発は非常に成熟しています。統合された原材料調達-切断(パンチング)ブランキング-曲げ成形-溶接(組み立て)-研削-スプレー-包装-流通の統合サービスを使用します。板金加工企業の出現により、製造企業が原材料や輸送を購入するための複雑な手順が不要になり、多くの顧客の人的資源、材料資源、およびエネルギーが節約されます。自分で購入した加工機器の準備をしているお客様は、工場の建設、機器の購入、スタッフの採用、在庫の設定、資材の管理などの大量の内部リソースの採用、およびその後の内需の拡大にかかる投資を節約できます。第15回大会は、板金加工業界に良い機会を提供し、板金加工業界の発展に幅広い市場展望をもたらしました。
第二に、板金加工の見通し分析。

一般的に言って、中国の板金産業の将来の発展傾向は良好です。製造業の全体的な発展により、中国の板金産業は急速に発展しています。業界の見通しは楽観的です。文書によると、国内の板金産業の年間成長率は11〜15%であり、他の製造業よりもはるかに高く、板金加工市場は国内の板金加工市場で重要なシェアを占めています。板金加工市場の見通しも同様に良好であるため、誰もが投資と開発に安心できます。

https://www.facebook.com/aixihardware/

コメントを残す