板金プロトタイピング製作

一部の曲げ金属板では、通常、板金加工と呼ばれます。 現在、当社ではオーディオ製品、アウターケーシング、インナーブラケットが最も多く生産されており、板金の試作品加工は非常に速く、板金加工の価格は比較的高いです。 他の業界では低くなっています。

もちろん、自動車や電子製品も非常に多く使用されているため、今日最も人気のある5Gサーバーの金属製品の多くも板金とプレス加工で製造されています。 板金は主に少量生産であり、プレス加工は大量生産が可能です。

詳細については、お問い合わせください。

板金加工の利点

1:コストは低く、CNC加工よりも高速です。 たとえば、オーディオ業界の多くのハウジングは、以前はCNC機械加工されていましたが、現在では板金で処理されています。

2:すべての表面仕上げ、酸化、電気めっき、ダスティングなどを行うことができます。

3:複雑な形状の部品を加工でき、製造工程での廃棄物の発生が少なくなります。

4:製品は、十分な形状、寸法精度、優れた互換性、および優れた表面品質を備えています。

5:1週間以内の配達

板金サービスのアプリケーション

オーディオシェル

電化製品

厨房機器

胴体

ブラケット

オフィス設備

自動車部品

クリップ

板金加工についてどのくらい知っていますか?

板金製造は、板金ストックを機能部品に変えるために使用される一連の製造プロセスです。 板金の厚さは通常0.006〜0.25インチ(0.015〜0.635センチメートル)です。

板金とは加工技術のことで、その加工工程は一般的に次のようなものがあります。

一般部品の場合:ブランキング、パンチング、曲げ、トリミング、ブランキング、クリーニング、溶接、表面処理など。複雑なパーツの場合:ストレッチ、回転カット、パンチング、サイドカット、ブランキング、クリーニング、溶接、表面処理など。

すべての業界には業界用語があり、板金加工業界も例外ではありません。

リベット留め:最初にワークピースを沈め、次にパンチまたは油圧プレスを使用してリベット留めナットをワークピースにしっかりと押し付けるプロセスを指します。 プルナット:同様のリベット留めのプロセスを指します。 リベットナット(POP)などの接続部材をプーラーでワークにしっかりと固定する工程。

「板金製造」の傘下に入るいくつかのプロセスがあります。 これらには、切断、曲げ、パンチングが含まれ、タンデムまたは個別に使用できます。

板金加工は、機能的なプロトタイプまたは最終用途の部品の作成に使用できますが、最終用途の板金部品は通常、市場に出す前に仕上げプロセスを必要とします。

Candy red transparent powder coating Edelweiss-3-Pre-Chassis aluminum parts

Candy red transparent powder coating Edelweiss-3-Pre-Chassis aluminum parts

Candy red coating is different for other coating , because this is transparent , and different thickness have a different color .

If you are also like this color , contact me , really very nice choose . sure , this is expensive more than other normal coating .

Welcome contact us for more detail.

工業デザインや製造に関する質問があれば、すべてのソリューションをご利用いただけます。